産業廃棄物処理は安全に対応|危険なものは正しく処理する

作業員

廃棄物処理の時の注意点

専門機器が活躍する場面はたくさんあります!産業廃棄物処理システムを利用して快適に処理作業を進めてみませんか?

廃棄物処理

工事

各事業所で出る産業廃棄物処理は、国の定める「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や各都道府県の定める産業廃棄物処理に関する基準に則って処理しなくてはならない。これらのさまざまな決まりにおいて、産業廃棄産業廃棄物は一般の廃棄物とは別にまた細かく法律等が定められている。また、産業廃棄物の中には「特定有害廃棄物」として処理自体を禁止している種類の廃棄物も存在している。このような一般の廃棄物とは異なる処理が求められる産業廃棄物処理においては、単にゴミの処理だけすればよいという訳ではなく、処理について経過をその都度記入し記録する伝票の扱いや外部の業者への委託等、それにまつわる管理面もしっかりと行う必要がある。

廃棄物処理の際の注意点

産業廃棄物処理をする際の注意点は大きく分けて二つある。一つ目は、さまざまに細かく定められた法律や基準をきめこまやかに守る必要があり、もしきまりを破ってしまうと改善の勧告など処分の対象になってしまうということである。あともう一つは、産業廃棄物処理にかかわるのが自社だけでない場合が多く、委託契約などの場合にそれぞれの事業所との契約形態や再契約の禁止の事項などを確認しておかなくてはならないことである。また、処理の各手順につき廃棄物処理の内容を伝票に記録を残すことも忘れてはならない。外部へ処理を委託するときは、契約内容を双方でしっかり確認しておくことや委託先に伝票記入を厳守してもらうこと等が特に重要になる。

廃棄物の処理に困ったら

工事

産廃処理は再生する事も含めて必要であり種類によっては処分方法も変わりますが、特化した処分方法は関連する物も同時に引き受けてくれる事もあって便利です。これらの処理は産廃処理が義務付けられているので施設の利用は必須ですが、減らす努力をする事で施設と利用する側の両方にメリットが出る事になります。

詳しく読む

コスト削減とリサイクル

機械

工事現場などで出た残土は廃棄処理を行うよりも、リサイクルための残土処理を行った方がコスト的にも優れており、そのためのリサイクルの仕組みを知っておく事が有益です。残土処理を可能とする振動フルイ機や処理装置が人気の理由は、人手を掛けずに自動で処理ができるためです。

詳しく読む

産業廃棄物マニフェスト

機械

産業廃棄物処理を専門業者に委託する時は、廃棄物処理マニフェストが必要です。マニフェストがあることによって、自社が排出した産廃が適正に処理されたかどうかが分かるのです。廃棄物処理マニフェストによって、最後まで確実に産廃が処理された実績は、社会信用の上昇にも繋がります

詳しく読む