依頼の大まかな流れ|電動シャッターを使うことで開け閉めが簡単にできる
男性

電動シャッターを使うことで開け閉めが簡単にできる

依頼の大まかな流れ

ヘルメットを持つ人

今は問題無く動作しているシャッターでもふとした事がきっかけとなり、壊れてしまう場合や正常に開閉ができなくなってしまうパターンがあります。自分の住宅にあるシャッターは大丈夫だろうと油断していると、いざそういう場面に出くわした時に正しい対処ができなくなってしまうパターンもあるのです。緊急時に備えてシャッター修理業者への依頼フローなどを大まかに把握しておくと今後の人生において役立つことでしょう。このような業者を利用する場合はまず、電話からの無料相談となっています。全国各地に1500点近くの加盟店を持つ修理業者であれば24時間365日の体制で依頼を受け付けているので、仕事や残業で忙しい社会人の人でも利用できるサービスになっているのです。
電話で修理依頼の予約をした後は調査日を決定していきます。調査日当日は修理業者のスタッフが依頼者の自宅にてシャッター修理の見積もり金額を算出していくのです。見積もり金額を算出した直後に、契約というわけではなく一旦、検討という形で考える機会もあります。お見積自体は無料で、金額に納得がいかない場合はキャンセルも可能となっているので、非常に良心的なのです。お見積金額に納得がいった場合は作業日を確定して後日、修理作業となります。加盟店によっては作業着手前に修理料金のお支払が発生する場合があるので覚えておきましょう。電話受付は早朝や深夜でも対応しているので、スケジュールの都合も付けやすく快適なサービスとなっているのです。